サッカー教室はいっぱい体験してから決めました。

息子が幼稚園年中の時に、
たまたま息子の園には男性教諭が在籍していました。

 

その先生と毎日サッカーで遊ぶうちに
サッカー教室に通いたいと言いだし、

 

祖父の勧めもあり息子は活発な子供だったので
川崎市内のサッカー教室に入れることにしました。

もっとサッカーが上手くなりたい

私が最初に探したのがJ下部のサッカースクールでした。

そこに年中から入れてもらい年に数回しか試合は、
ありませんでしたが試合に出させてもらいました。

コーチもJ下部という営利団体だったこともあり、
すごく優しくてもともと好きだったサッカーが
もっと楽しくなってきました。

そしてそのまま小学1年になり幼稚園の頃よりも
もっとサッカーが楽しくなり、試合の数も増えてきました。

ある試合の後、(その試合自体は完全の完敗試合でした)
帰りの車に乗り込んですぐ、息子が声に出して大泣き。

私はどこかが痛いのかと思ったほどでした。

息子に「どこか痛いの?」と聞くと「負けて悔しい。もっと上手くなりたい」というではありませんか。

もっと自分で練習することを施すとそれから毎日、公園で自主練。その姿を見てもっと上達するチームを探すことにしました。

たくさんのサッカーチームに体験に行った結果

それから本当に色々なチームを見に行きました。

ある少年団の体験に行ったり、地元の小さなチームを見に行ったり地元では、強豪と言われているチームも体験に行きました。

そこのチームは、息子より上手い子供もいましたがどうみてもコーチの恐怖支配におかれている。

子供に自由にやらせるということがないチームで…。

悩みもしたが預けるには親としては、自由にやらせたい。

わがままだけど、息子より上手くライバルとなる子供がいるところでやらせたい。

息子に天狗にはなってほしくないという思いが私達にありました。

でも大抵のチームでは、息子の相手になるような子供がおらず、体験に行ってはお断りをしてを繰り返し。

もう諦めてどこかに入れもらおうかなあって思い始めました。

最適なチームが見つかる

ある高校のグランドの掲示板に小学生募集中とあり息子と父と見にいきました。

そこでの練習は、今まで見た練習とは全く違うものでした。今までは、ドリブルからパス、シュート。

どこのチームも変わりばえしないよく見る練習でした。

しかし、新たに体験に行ったチームはら小学生のうちは、個人技を磨け!リフティングとドリブルだ。

上手くなりたければうちに来い!俺にまかせろ!っと。

コーチも今まで会った中ではかなり異色で…。

そこに所属している子供が今まで見たことないくらい上手い!

この人なら技術ももちろん人間的にも大きくなれるっと思える人でした。

息子もすぐに「ここに入りたい」といい子供、親と共に同意し入会させました。それから、辛い練習もあるようですが嬉々と通っています。

小学生にプログラミング教室は早い?ロボットなんて作れるの?

サッカー教室のまとめ

最初にサッカーをやりたいって言い始めた時は、何度も小学生になってからねっとはぐらかしていました。

しかし祖父の勧めもありサッカーをやらせることにして良かったと思います。

今のチームは、毎週末の試合、遠征は当たり前です。

試合で見る息子は、生き生きとしてサッカーが大好きと伝わってきます。

小学生のうちから大好きなものに出会えることは少ないと思います。

あの時の決断は、良かったんだと思えます。

川崎市麻生区在住 男の子ママ

スイミングスクールで水が嫌いから脱却、成長した娘を褒めてあげたい